フロアコーティングの期待できる効果とは

フロアコーティングとは施工すると幾つかの恩恵があります。
まず、表面の塗膜により汚れが付着し難くなりお掃除が簡単になります。
また汚れが付いても浸透しにくいので汚れが目立ちません。
この効果で新築時の美しい状態が長続きするんです。
第二の効果は硬い塗膜による仕上げ材の保護です。
フローリングの表面である仕上げ材を厚くて硬いコーティング塗膜により保護できます。
良くコーティングに傷が付きますか?と質問を頂きますが傷が付かないほど硬い塗膜ではありません。
柔らかい木質系べニアに塗布するコーティングなので基材に合った硬さがポイントです。
ガラスコーティングのように硬すぎる塗膜ですと衝撃により塗膜が割れたり剥がれたりする懸念があります。
UVコーティングやシリコンコーティング程度の硬さがフローリングにはベストの硬度です。
話しが飛びましたがコーティングの塗膜には傷は付きます。
そうではなくてフローリングの仕上げ面を保護する為のコーティング施工なので
ご理解ください。

こんな人にはコーティング施工が向いてます

コーティング施工する事でお掃除が簡単になる事は理解できましたね。
小さなお子様がいらっしゃる家庭やペットを飼っていらっしゃる場合にもメリットは沢山あります。
良く食べ物や飲み物を溢したりしますとフローリング面へ染み込んでしまいます。
特にシートフローリングは水分を吸い込みやすいので大敵です。
フロアコーティング施工していれば撥水効果により拭き上げれば問題ありません。
あとは床面を清潔に保ちたい方はアルコール洗浄も可能になります。
やはり小さなお子様が落ちたものを口へ入れたりするので衛生面から考えるのであれば
コーティング施工は有効です。
因みにUVコーティングやシリコンコーティングの塗膜は食品衛生規格基準適合商品ですので
仮に粉塵が口に入っても人体には無害ですのでご安心ください。

シートフローリングにコーティングの不要論

一般的なフローリングの仕上げ面は突板と言って天然木の突板へ染色したものですが
最近の新築マンションでは突板ではなくオレフィンシートの仕上げ材を使ったフローリングが主流です。
このシートフローリングとは突板と違って良い面があります。
それは天然木では無いので表面の木目柄が均一で日本人好みです。
シートフローリング=木目柄に印刷された紙をべニアに巻き込んだものです。
いわゆる「木」ではないのでワックス塗布する必要がありません。
表面が柔らかいのでメンテナンスをしなくても表面が自然にヒビ割れする事がありません。
逆に柔らかいので物を落すと簡単に凹みます。
また紙なので水分を吸収が良く飲み物を溢したりすると直ぐに染みになります。
なのでワックスは不要ですが油性塗料のコーティングは施工しないと厄介な事になります。

同じ材料でも施工する工程や職人の技で違います

ネットで業者さんを選定される場合に良くあるケースですが単純に金額だけで
決定されるのは危険です。
コーティング施工は塗装工事になりますので同じ材料でも工程や塗り方で全く別物になっていまいます。
一斉に相見積りをして一番安価な業者へ依頼すると・・・考えるだけでも怖いです。
良く考えてください。
もし貴方が業者だったらどうですか?
腕が良くノウハウもあり繁盛店だったら必要以上に安価にしますか??
逆に施工の質が悪く売上も上がらず倒産しそうな時は・・・安くても請けますよね?
何処に頼んだら良いかはウェブサイト上のコンテンツやメールのやりとりで決めてみましょう。